アイキャッチ物語 #194「鬼は地元のアイドル」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

つーかさ♪
どうして隠れてるの?
悲鳴あげないで!?

…いや、ちょっと。
驚いちゃって。
後ろから急に肩を叩くからさ。

誰かに追われてるの?
ああ、バレンタインだよね。
アイドルはツライね!

だと嬉しいんだけどね。
ちょっと違うかなぁ。
あ、やべ。チビ達に見つかった。

わぁ、さすがアイドル。
子どもにまで好かれてるんだ。
豆ぶつけられてるけど。

豆まきは終わったろ!?
お前ら、これ済んだら家に帰れよ。
やられたー!

つかさが鬼の役なのね。
ほらほら、お兄ちゃん倒れたよ。
豆まきはおしまい。みんなバイバイ。

もう行ったな?はぁ…。
さっき近所の豆まきに呼ばれたんだよ。
あいつら、すっごいしつこいの。

体力勝負だったね。
それは、お疲れさま。
倒れる演技、とっても上手だったよ。

日頃の鍛錬の成果かなぁ。
地元密着アイドルって、なんでもやるから。
さて、豆を集めて捨ててこよう。

足元、チョコが落ちてるよ?
可愛いハート型だね。
豆と一緒に投げたのかも?

誰だ、こんなの投げたやつ。
豆よりでかいし、痛いって。
バレンタインと区別ついてないのか?

一人だけ女の子いたよね。
あの子が投げたのかもね。
素直に渡す勇気なかったのかな。

一応、お返ししとくかなぁ。
どんなつもりで投げてきたんだか。
ファンなら、手渡しが基本だろって。

ニヤニヤしてる。
豆まきでアイドル活動もいいね。
でも、お面つけてて顔おぼえてもらえるの?

 


 

咲子 咲子 翔愛学園高等部2年生

つかさのファン。

つかさ つかさ  翔愛学園高等部2年生

地元密着型アイドルをやっている男の子。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。