アイキャッチ物語 #217「先輩アイドルに挑戦状!」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

本番10分前だよ。
持ち時間は20分。
超過したら後の人が困るからね!

りょっ。
アサリ、あんたマイク忘れてる。
しっかりしてよね~。ツッコミ担当。

リサも、早くステージ慣れしてよ。
毎回セリフが抜けて頭真っ白だよね。
それじゃ、ボケじゃなくて、ただの無能。

うは、手厳しい。
今日は迷惑かけない!大丈夫!
アイドルグループの初お披露目、がんばる!

大丈夫かなぁ。
ドジっても、私がフォローするよ。
さ、そろそろ幕があがるよ。

ど~も~!
みなさん初めまして!
アイドルユニット「バカウケ」でーす!

リサ。いきなりユニット名違う!
いきなりボケないでー。
改めて、アイドルユニット「アサリサ」です!

いきなりボケをかましたところで!
今日は、デビューコンサート来てくれてありがとー!
CDプレーヤー持ってきたから、楽しんでってねー。

では、メンバーの紹介です!
こちら、背の高い方がリサ。
電柱と言うと、殴られるので注意です。

こっちのカワイコちゃんが、アサリ。
縁起を担いで、この名前にしたんだって。
それ、ハマグリの間違い!

え~!?マジで?
ユニット名変えなきゃ!
「ハマグリサ」にしよう。

何のユニットかわからんわー。
アサリ、本気でアイドルになるんでしょ。
それなら、先輩アイドル蹴落とすぞ!オー!

り、リサ!?なんてこと言い出すの。
この会場、先輩アイドルいるよ?
しかも親衛隊引き連れてるし…あああ。睨んでる。

ふっ。そんなことでうろたえるな!
新人の強み、それは勢い!
いくら憧れの人でも、今やライバル!

うわー、始まった。
ステージあがると、テンパっちゃう!
アイドルは愛嬌、好感度が大事だよ!

私、リサはアイドルになる決心を固め!
今まで収集したライバルのグッズを捨てました!
さらば先輩。これからは私の時代、カムヒアー!

えっ!?そうなの。
あんなにCDやら生写真集めてたじゃない。
研究目的とか言って。もったいなーい。

研究資料は残してる。
今回捨てたのは、学食のチケット半券とか、ストローの袋。
先輩が何気なく捨てた物!

それ、ただの整理整頓じゃん…。
どこが決意だか。
大げさ~。

大事な宝物だよ!
通り過ぎるといい匂いする先輩。
いつか上履きで顔を叩かれたい…。

引くわー!
もぉユニットやめよ。
リサの趣味にはついていけない!

待ってよ。ほら、聞こえるでしょう?
観客の辞めないでコール!
みんな私たちに期待してるよ!

CDプレーヤーに何入れてんの。
見せなさいよ。効果音大全集?
私たちのデビュー曲、どこ!?

あれ、言わなかったっけ?
作曲家に断られちゃって。
お前ら、漫才で行けってコレくれたの。

ああっ!?
だからこんな台本書いたの!
漫才臭いと思った!

あっはっは。
じゃあ、そろそろ時間も来るから。
この辺で~。

いやいや、このまま終われない。
先輩に謝ろう。冗談じゃ済まない。
楽屋に怒鳴り込んできたら、どうするの。

来てくれるの!?
大ファンだから、サインもらおう!
では、本日はここまで!「バカウケ」でした~!


 

リサ リサ   翔愛学園高等部2年生

漫才ユニット「バカウケ」のボケと台本担当。
ステージのライブ感には定評がある。
今回は、先輩アイドルを蹴落とすという野心家の設定。

アサリ アサリ   翔愛学園高等部2年生

漫才ユニット「バカウケ」のツッコミ担当。
リサが面白がって勝手に流れを変えるから、毎回大慌て。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。