アイキャッチ物語 #79「こわれもの、注意!」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

 

あ、大雄だ~。おはよ~。

おはよう。泣きそうな顔して、どうした樹奈。

大雄にもらったバングル壊れちゃったの。

こないだの誕生日にやったばっかりだろう。なんで壊す。

そんなこと言っても、今朝急いでて床に落ちてたコレ踏んづけてー。

床に置くな、というか、怪我しなかったか。

大雄優しい~。うん、ルームシューズ履いてたから平気。

そうか。壊れたの全部持ってる?

うん。学校で誰かに修理してもらえないかと持ってきてる。

じゃあ、それ俺に貸してみ。ちょうど接着剤持ってんだよ。

カバンからさりげなく接着剤を出してくる男子、普通じゃない。

部室にあったミニカー、遊んでて壊しちゃて。こそっと直しておこうかと。

あ!それ部長のコレクションだよ。壊したのバレたら怒られるよ~。

樹奈のバングルもプラスチックだから、この接着剤でなんとかなるだろう。

今度はシルバーがいいな。プラスチックはねぇ…。

学生の身分で彼氏に貴金属要求すんな。

わかってるわよう。ちょっと言ってみただけじゃない。はい、これ。

真っ二つじゃねえか。お前どんだけ重いの?接着面に少量垂らして…っと。ほれ。

くっつくまで持ってればいい?

そう。10分くらいそうしてろ。

あっ。指に垂れた。やだ、指どうしが貼り付いちゃったよ。

後でお湯のなかでもみ落とせ。

でもさ、修理しても強度は落ちるよね…。身につけてる間に取れたら困るかも。

そうだなぁ。一度割れちゃたものはどうしようもないだろうな。

せっかくプレゼントしてくれたのに、壊してごめんね?

いいよ。今年また誕生日に買ってやるし。今度は簡単に壊れなくて修理し易いやつ。

壊れないってことは金属ね?シルバーかな?それともゴールド!?

金属ではあるが、どちらでもないな。ステンレス。

ステンレス?あの流し台の?

ホームセンターでは針金として売られてる。

針金を腕に巻けっていうの?それは嫌味すぎじゃない?

だからさ、俺が立派なアクセ作ってやるって。

まぁこのバングルも大雄が作ってくれたんだっけね。

うん。そこらの廃材使って…あ、やべ。

廃材…。え?ちょっと耳が遠くて聞こえなかったかも?今、なんて言ったの。

だってお前がリサイクルに興味あるって言うから、廃材アート喜ぶだろうなと。

それとこれは別よ?彼女の誕プレに廃材贈る男とか信じられない!

そんな怒るなよ。壊した罪悪感、薄れたろう。

…はぁ。信じらんない。

そんなに怒るとは思わなかった。別れる?

そういう切り出し方やめてもらえるかな。イラッとするよ。

じゃあ、どうしよう。

一度壊れたら、強度が下がるんだよ。簡単に別れたら終わりじゃないかな。

人間はプラスチックと違うだろう。人と人は壊れそうになっても繋がりが強くなる。

大雄が誕生日覚えててくれたのが嬉しかったの。大事なのはそこよ。物じゃない。

まぁ…俺も悪かったな。バングル、もう接着したんじゃないか。

あら、ほんと。さっきまでグラグラしてたから、接着剤役立たずって思ってた。

じゃあ、部室に行ってこそっとミニカー修理しちゃおう。急ぐぞ。

はーい。あ、ねぇねぇ。大雄の誕生日は期待しててね。

なにを?

当日までに、大雄が欲しそうなものを用意しておくよ。

今の俺が欲しいものは…壊れる前のミニカーだけど。

そっちじゃないっ。大雄の服に合いそうなバッグ、作ろうかなって。

海から拾った廃材で?

ちがうっ。


樹奈

樹奈 翔愛学園高等部1年生

大雄の彼女。部屋の片付けが苦手な模様。
それで大雄からもらった誕生日プレゼントを踏んで壊した。

大雄

大雄 翔愛学園高等部1年生

部長のミニカーを遊んでて壊してしまう。
見つからないうちにこそっと修理しようと接着剤を持ってきてる。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)
背景:ゴルさん(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。