アイキャッチ物語 #10「ひまわり姉弟」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

「光輝、見て。ひまわりがたくさん!ひまわりって偉いよね」

「偉いの?どうして」

「同じ花壇にどんな花が咲いていても、気にせず太陽を見あげて咲き誇ってる」

「そういう習性だからでしょ。僕ら人間はもっと複雑だ。周囲に能力があるやつが居ると悩みは多いよ」

「同じクラスに居る人と一生一緒でもないのに。誰もが終着点は別々なんだから通りすがりと変わらないじゃない。気にしても無意味だよ」

「そんな風に言える人ばかりじゃないからね。僕だって気になっちゃう」

「そっか~。ふぅん」

「姉さんはひまわりみたいだ。のほほんと空を見てるイメージ」

「知ってた?私たち、他人を気にしてる余裕なんてないんだよ。寿命は残り100年もないからね」

「男性の平均寿命が80歳として、僕の年齢を引いたら64年残ってる計算になる」

「家族と過ごす夏があと何回あるのかなって考えたら、部屋にこもってるのもったいないよ」

「出かけるにしても、新しい服まで買ってくれなくても良かったのに」

「やぁよ。よれよれTシャツとジャージズボンの弟を連れてお出かけなんて、身の毛もよだつわ」

「無理やり連れまわす必要ないじゃないか。この服、デート用に取っておこう」

「彼女をつくってる間に夏が終わっちゃうぞ?明日も翠とデートしよっか」

「えー。なんかそれやだ」

「失礼しちゃう。翠は男子に人気あるんですからね!」

「…姉さんはさ、もう少し、周囲の花を見ようか?」

「ちょっとそれ、どういう意味!?」

「あはは。姉さんは、やっぱりひまわりだ」

「光輝も、立派なひまわりになれるよ。私の自慢の弟だもん」


翠
翠 (みどり)  翔愛学園高等部 3年生

光輝の姉。明るく前向きな女の子。
クラスの男子に人気がある。(自称)
 光輝
光輝 (こうき) 翔愛学園高等部 1年生

周囲の優秀な人が気になって悩みは多い。
姉の活発さに振り回され気味。

文章:望月明音(ビジネスアカウント)
背景:ゴルさん(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。