アイキャッチ物語 #137「ひそかに輝く砂浜の星」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

暑ーい!
今日からはじまったステージはここね!
どんなアイドルが出てくるか、お手並み拝見よ。

ねぇ、青い服のあなた。
目の前に立たないでもらえるかな?
ちゃんと砂浜に座って。

ああ、ごめんね。
あたし小さいから、邪魔にならないかなって。
ステージ、もう電気ついてんだね。

そうね。
暗くなってからずっとついてるよ。
そこ、立たれてると前が見えないわ。

ああっ。ごめんね!
キミ、あたしと同じ服だね。
砂浜が薄暗くてわからなかったよ。

あそこがまぶしすぎるのよ。
星も見えやしない。
毎晩涼みに来てるのに、ちょっと迷惑。

へぇ!迷惑!?
それなのに、ステージが見えないと文句。
キミ、とっても変わってるね!

そうかしら。
これでも、少しは興味あるのよ。
そうじゃなきゃ、他所に移動してるわ。

だよね!夏なら夏フェス見なくっちゃ!
ねぇねぇ、隣いい?
一緒に観ようよ!

たっぷり空いてるから、ご自由に。
ちょっと、砂かけないで。
服が汚れる。

ごめんごめん。
あたし、結構がさつなんだよね!
でも、ココロはとーっても繊細なの。

…キャラ設定?
そうは見えないわよ。
喋ってたら喉かわいたわ。飴食べる?

あれ。キミ、歌う人?
これ、あたしの好きなアイドルが愛用してるの!
他のと違って、喉に効くんだよ。

うちの両親、揃ってアイドルオタクなのよ。
娘にもアイドルになって欲しいんだって。
ステージのどこがいいのかしら。

アイドルやればいいじゃない。
キミ、ビジュアル的には合格だよ。
あたしはステージライト浴びて輝きたいな!

ふぅん。
私なら、そんな地面の近くじゃなくて夜空がいい。
星の子って書いて星子だからね。

星子?
ああ、人気アイドルにそんな名前の人いたよね。
ん?でも漢字ちがくない?

そう。
出生届出しに行ったおばあちゃんが間違えたの。
だから、読みは同じだけど、字が違う。

あちゃ~。やっちまった系?
あるある。
ね、マジで一緒にアイドルやろ?

どうしてよ。
私、あなたとアイドルやらないわよ。
そんなに喋れるなら、一人でどうぞ。

人前じゃ、だめなんだよ。
ほら、繊細だから!
ここは薄暗いから、平気なんだよ。

それも大変ね。
ステージねぇ…。
まぁ、私が背伸びしても夜空には届かないか。

うんうん。
背中に翼がないと飛べないよ!
それにさ、夢は2人で叶えると喜び二倍だよ!

あなた本当に、人前であがるの?
口がとってもうまいわ。
今日のステージが終わるまでに考えとく。

やったー!キミこそ明日のスター!
星子でスター!
あたし、海に咲くって書いて海咲。よろしくね!


 

 

海咲

海咲 翔愛学園高等部1年生

おしゃべり好きだけど、ひとりじゃ人前に立てない。
心で密かに憧れるのは、ステージライト。

星子

星子 翔愛学園高等部1年生

両親が大のアイドル好きで、子供の名前もアイドル由来。
出生届けを出しに行ったおばあちゃんが、漢字を間違えた。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。