アイキャッチ物語 #16「俺は浮気者じゃない」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

「あれ、友哉じゃない?ショッピングモールで会うなんて珍しいね」

「美咲さんか。夏ものが安くなるって聞いたから、彼女にプレゼントでもしようかなと」

「へぇ~。彼女さんに?相変わらず仲いいね!」

「実は昨日、あいつ怒らせちゃってさ。ご機嫌取りなんだよね」

「あらら。一体何をやらかしたのよ」

「俺がデート中に他の女の子の話題をしたから、路上で喧嘩になってしまった」

「うっわ。それはダメでしょ。ありえない」

「工事現場で見るようなごつい機械を身に纏った女の子。珍しい格好だから、あれはなんだろうって言ったら怒っちゃった」

「あは。その子が美少女すぎて嫉妬しちゃったのかもね。どんまい」

「確かに顔も可愛かった。でも、ろくに話も聞かずに『この浮気者!』って怒るから、こっちもカチンと来ちゃうの。美咲さん。わかってくれるよね」

「それで、喧嘩別れしたからプレゼントなのね」

「いや。誤解はとけて和解もしたんだ」

「あらそうなの?良かったね」

「うん。この話、もうちょっと続くんだけど、聞く?」

「お目当ての福袋も買えたし、暇だから聞いたげる。それからどうした?」

「言い合いになったまま帰るのも嫌だし、ふたりでそのまま海岸に行ったんだ。そしたらまた例の女の子が居るんだ」

「それは気まずかったね」

「砂浜を腕のショベルでガガガッと掘りまくってた」

「えー。なにそれ?」

「アサリが空中にぽいぽい投げ出されてたから、潮干狩りやってたんじゃないかな。そんで、自分の掘った穴に足を取られてコケてた」

「掘ったら埋めないと危険だよね」

「転んだ弾みでウィッグがぽろりと外れてさ。その子、男だったんだ」

「たまに可愛い男の子居るもんね」

「それで、彼女。俺が他の女の子に目移りしたんじゃないってわかってくれた」

「ふんふん。良かったね」

「問題はその後。男に負けたって拗ねちゃった」

「あらあら」

「男にときめいた自分にも、ショックを受けた」

「可愛いに性別は関係ないから。まぁ、気にせず?」

 


晴美
美咲 翔愛学園高等部 3年生

ショッピングモールに良く出没するお洒落好き。
友哉の良き相談相手。
 圭吾
友哉 翔愛学園高等部 2年生

交際中の彼女と、ささいな誤解で喧嘩になってしまう。
文章:望月明音(ビジネスアカウント)
背景:ゴルさん(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。