アイキャッチ物語 #164「きのこの魔法をかけられて」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

しくしくしくしく。
きのこが頭にも生えちゃった。
どうしましょう。

そこの素敵なお嬢さん。
どうして泣いているの?
僕で良ければ、話をきくよ。

ああ、人の声がする!
助けてください。
お尻がハマって動けないんです。

きのこに埋もれてしまってるね。
根元を切ってあげよう。
これで自由に歩けるよ。

ありがとう。
親切なきのこさん。
助けてもらったお礼がしたいわ。

そんなことより、お逃げなさい。
君は幸いまだ人間だ。
僕は山から出られない。

あなたを見捨てられないわ。
その魔法を解いてあげる。
私はなにをすればいいかしら?

それなら、僕についてきて。
これから頂上に行くんだ。
きっと、手がかりがあるはずだ。

なるほど。
それは名案ね。
では、一緒にまいりましょう。

この格好で移動は、つらい。
汗だくになってきた。
君も歩きづらそうだ。

だいじょうぶ。
ときどき座って休んでます。
さぁ、もうじき頂上ですよ!

やぁ、見晴らしがいい。
こういう場所に来ると、叫びたくなるね!
おーい!魔法を解いておくれー!

じゃあ、私も。
なぜ魔法をかけたんですかー!?
ふぅ、叫んでスッキリ。

しっ。
なにか聞こえてくるぞ。
トリック・オア・トリート?

おかしな山びこですねぇ。
あっ、まさか!
山の神さまのいたずら?

トリートをよこせ、と。
お菓子なんて持ってないよ。
君は?

私も、お菓子は持ってないです。
あるのはきのこだけ。
トリート、どうしましょうねぇ。

いいもの、ごちそうという意味もあるね。
なんだろう、ごちそうって。
僕たち、ずっとこのままかな。

誰かが助けてくれますよ。
きっと、いいアイデアをくれます。
私たちにヒントをくださーい!

あはははは、って。
山びこが笑ってるよ。
きっと、答えは目の前にあるんだ。


 

%e3%83%84%e3%82%af%e3%83%aa

ツクリ 翔愛学園高等部2年生

きのこがお尻にはまっちゃった女の子。
動けないところを、通りがかったタケに助けてもらう。

%e3%82%bf%e3%82%b1

タケ 翔愛学園高等部2年生

山の神様のいたずらで、きのこの姿になっちゃった男の子。
ツクリと共に、魔法を解こうとする。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。