アイキャッチ物語 #187「雪は白いキャンバス」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

久美子さーん。こっち。
いい感じに白いキャンバスですよ。
こう、腕が鳴りません?

鳴る!
絵師の宿命だよね。
広くて白い物を見たら、絵を描きたい!

俺もです!
マジありえないですけど。
スキー場ならスキーやれよって話だけど。

いい所に棒が2本あった。
英祐くんは、そっち。私はここ。
お互いにいい絵描こうね。

はーい。
いい風景ですねー。
冬の翔栄町が一望できて。

今、眼鏡ないんだよね。
風景はちょっと描けないかな。
英祐くんの顔でも描こう。

わー、引っかかる言い方。
でも、いいですよ。
久美子さんなら、変顔にされても許します。

私の腕を信じてないな。
あっ。ごめんね。
顔が変になっちゃった。

わざとでしょ?
いーですよ。
俺だって、手がすべった!

どれどれ…。
私の顔、くちばし生えてないよ!?
目つきもこんなに悪くない!

干支ですよ。なんて目出度い。
いい感じに描けたから、写真撮ろうっと。
雪が降って埋もれる前に。

その前に、足で踏み踏み。
ふふふ。
今度はまともに描いてよね!

久美子さん、ブーメラン刺さってます。
俺の顔、こんなに毛深くないですよ。
髪が長いせいかな。

輪郭がぼやけてるからね。
服を着たオオカミみたい。
うーん、もっと近くに寄って良い?

どうせなら、並んで描きませんか。
こっちは、久美子さんの足跡だらけだから。
並んだほうが、顔がよく見えますよね。

ふむ、それもそうね。
英祐くんって、まつげ長いね。
じゃあ、目を強調して。カキカキ。

久美子さんは、髪がふわふわ。
匂いはどう表現しよう?
花のエフェクト描こうかな。

うふふ。楽しいね。
こんな日がずっと続けばなぁ。
できた。我ながら上出来。

おお、さすが絵が上手い。
俺のもどうです?
等身ちっちゃいけど、似てるでしょう。

うん。かわいい。
絵をつなごうか。
真ん中に、何を描こうかな。

そうですねぇ。
ハートなんて、どうですか?
2人の間に。

えぇ?ハートかぁ。
いいよ。それにしよう。
なんだか、恋人みたいだね。

更に仕上げを、カキカキ。
実は、このハートには、矢が刺さってます。
片思いのハートなんです。

卒業しちゃうよ。
そりゃ、お休みには町に戻るけど。
英祐くん、待てるの?

俺も画家志望です。
同じ道を進んだら、絶対会える。
そう信じます。

そうだね。
一緒に同じ道を進んでいけたらいいね。
恋人とは限らないけど。

今すぐ答えいらないです。
そんな心の余裕ないんでしょ?
また冬に、ここで絵を描いてもらえたら。

 

 


 

久美子  久美子 翔愛学園高等部3年生

卒業したら、絵の勉強をするために引っ越す。
将来は画家になりたいと思ってる。

英祐英祐 翔愛学園高等部2年生

久美子に描く楽しさを教わる。
画家の道に進むつもりでいる。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。