アイキャッチ物語 #189「頭のダイヤルを回して」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

あ、いた。
3組の雫さん?
俺、3組の敦貴っていうんだけど。

はい?
あの、私にどんな御用でしょう。
宿題は提出しましたし、日直は来週では?

いや~。なんていうの?
クラスの中で、教室に居ない子いるってさ。
なんか、いじわるしてるようで嫌っつか。

まぁ、それでわざわざ?
寒い中、ご苦労様です。
雪が降っているので、冷えたでしょう?

ああ、うん。
さっきまで降ってたね、雪。
傘もささずに、なにしてんの?

見ての通りですよ。
雪があんまり綺麗だったので。
沼に遊びに来ておりました。

噂通り、変わった子。
沼なんか、面白くもないでしょ。
人が来ないし。

ええ、いらっしゃいませんね。
用事がある方以外は。
だから静かで良いのですよ。

こんな場所に用事?
どんな需要だよ。
夏なら蛍がいるからわかるけど。

誰が言い出したか、存じませんけど。
沼にウィッグを投げ込むと、色違いが手に入る。
お前が落としたのは~と、沼の主が現れて。

おとぎ話にあったな、そんなやつ。
あれは金の斧だったか。
それで、実際どうなの。

さぁ?どうなんでしょう。
沼の底、覗いてみてくださいな。
幻想的な色彩の世界ですよ。

ほんとだ。異様な光景!
あ、これって不要な物?
じゃあ、フリマで売れるかな。

止めておいたほうがよろしいですよ。
拾ったウィッグを被った方の肩に。
オタマジャクシがぼろぼろと。

げ、卵を産み付けられてるってこと?
じゃあ、売れないか。残念。
これなんか、廃盤で手に入らないやつなのに。

お気に召したなら、どうぞお持ちください。
沼の主も、掃除ができて助かります。
何か産まれたら沼に持ってきてくださいませね。

やっぱりいいや。
まぁ、人が来るのはわかったけど。
休み時間も教室に居れば、友だち増えるよ。

教室だけが、すべてでしょうか。
誰かが価値を認めなければ、無意味でしょうか。
私はここが好き。だから居るのですよ。

でも、ここは寂しすぎる。
誰も居ない場所でひとりぼっち。
お節介野郎かもしれないけど、ほっとけないよ。

あの…?
さっきから、何をおっしゃっているのです?
お友だちなら、ここにたくさん居ますのに。

自然が友だち、か。
前に流行ってたね、森ガール。
君は沼ガールってところかな。

あら、そうなんですか。
おまじないが必要。
私、ちっとも存じませんでした。

ちょ、ちょっと。
誰と話してるの。怖いんだけど。
無視しないでくれるかな。おーい?

敦貴さん、とおっしゃいましたね。
その犬耳みたいな髪の束。指を絡めてくださいな。
そのまま右回りに3回。髪をいじるように。

犬耳って…。
これを右に回してどうすんの。
風や雪が語りかけてくるの?

あなた次第かと。
さぁ、頭のダイヤルを回してください。
この世界は、無駄に見えるものが、美しい。

そういえば、よく髪いじってるね。
不思議な子のおまじないかぁ。
今、誰か俺の名前を呼んだ?

 


 

雫  雫 翔愛学園高等部2年生

クラスに馴染めない不思議ちゃん。
よく沼のほとりで遊んでいるところを目撃されている。

敦貴  敦貴 翔愛学園高等部2年生

雫のクラスメイト。
休み時間にいつもいない雫を探しに来た。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。