アイキャッチ物語 #197「憧れのファンタジスタ」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

ゆうこもゲーム機持ってんだ。
ジャンルは何?
私は格ゲー。これやってんの。

それ知ってます。
二年くらい前に出たタイトルですよね。
そういうキャラゲーって、中身が微妙って噂ですよね。

ふふ、二年も前のタイトルを未だにやる。
この意味が君はわかってない!
全国的に人気で、大会も開かれてるんだよ。

そうなんですか!?
よく知りもしないで、ごめんなさい。
操作が難しそうで、苦手な印象なんですよね。

あんなのすぐ慣れるよ。
うちのおじいちゃんでもできる。
肘から先だけ見ると、若者みたいだよ。

わお。
格ゲーするおじいちゃん、素敵!
先輩のゲーム好き、その影響ですか?

そうだねぇ。小学生の頃かな。
誕生日プレゼントがゲーム機だったよ。
対戦仲間が欲しかったんでしょう。

いいですねぇ。
一緒に遊んでくれる身内。
私は一人用の落ちゲーばかりですよ。

あ、落ちゲーかぁ。
せっかくだから、同じやつ買わない?
ちゃんと手加減するから、対戦しよ。

あは、考えておきます。
それって、ネット対戦できるんですよね。
誰か相手を探さないんですか?

やってたんだけど、逃げられた。
負けそうになると切断とか、マジありえない。
あーあ、目の前にいれば文句言えるのに。

途中で終わっちゃったんですね。
でも、逃げたかわからないですよ。
単に電波が弱かったのかも。

良い方に取る方が平和だね。
そういうことにしとこう。
誰か対戦してくれないかなー。

おじいちゃんがいるのでは?
それか、学園で同じゲームやってる子探すとか。
ゲーム機見つかったら、やっぱり没収ですかね。

あの人ね、朝からゲーセンなのよ。
腰痛だから寝とけって、医者に言われてんのに。
トモが待つから行かねばならぬ!だって。

そのセリフ、かっこいい。
強敵と書いて、読みはトモってやつですかね。
そのゲーセンに行かないんですか?

ベレーさんと真剣勝負なんだって。
向こうが一人で来るなら俺も一人とか。
そんなわけで、今日は行かない予定。

あらら。
じゃあ、臨海パーク行きません?
新しいゲーセン入ったらしいですよ。

ほんとに?
ちょっと見に行こう。
格ゲーあったら、一緒にやろー。

あう。
お手柔らかに。
あそこですよ。ファンタジスタ。

ん?ジスたんの絵が飾ってある。
まさか、ここは有名なファンタジスタ!?
わー、ちょっと、すごいよ!

痛い痛い、叩かないでください。
もー、なんで興奮してんですか?
そんなに有名なんですか?このお店。

うん。格ゲー好きには有名!
遠いから、一度も行けてないけど。
対戦イベントをネット配信で観てるよ。

へぇ、そんな有名店が臨海パークに。
ここなら、毎日でも通えますね。
外にジスたんの服も売ってるそうですよ。

そうだ。
私、ここに住もう。
憧れのファンタジスタに、住む!

住むって、授業どうするんですか。
お店の人にも迷惑ですよ?
筐体に頬ずりまでしちゃって。

私、このお店を育てたい。
ゲームに強い人がいると、活気づくのよ。
一緒に対戦しませんかー?って交流できるの。

うん。わかりましたけど。
まずは落ち着きましょう?
ここ、本店じゃないみたいだし。

そうだよ、本店じゃないから社長いないの。
社長って、お店のネコね。マスコット。
うちのおじいちゃん、マスコットにどうかな!?


 

あけみあけみ 翔愛学園高等部2年生

おじいちゃんの勧めで格ゲーをやってる。
身内以外とはプレイしたことがない。

ゆうこ ゆうこ  翔愛学園高等部1年生

落ち物パズルが得意。
いつもゲーム機を持ち歩いている。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。