アイキャッチ物語 #207「春をさがしに」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

 

うそ。信じられない。
どこ見ても、球、球、球。
ぜんぶ春キャベツじゃない。

やぁ、こんにちは。
先輩もお世話ですか?
おつかれさまですっ。

あ、ちょっと。
ここって、花がないの?
春の花を育ててるって聞いたんだけど。

見ての通り、ここは野菜ばっかりですよ。
これを収穫したら、次は花かなぁ。
僕もよく知らないんですよね。

そう。
今からじゃ、花屋さんも閉まってるかな。
どうしよう。明日までに欲しいのに。

それはお困りですね。
一体何に使うんですか?
僕で良ければ、相談に乗りますよ。

いいの?ありがとう。
あのね、明日卒業するの。
春の花でアクセ作って胸に飾りたくって。

ふむふむ。春の花で作るコサージュか。
いいアイデアですね!
豪華でおしゃれだ。

でしょ?
思いついたのがさっきでね。
ほら、袴だけだと地味だから。

この近くにも花は咲いてますよ。
最近暖かいですからねー。
教会の方とか、見に行きましょう。

ありがとう。
水やりの途中で、ごめんなさいね。
個人的なワガママに付き合わせて。

べつに構いませんよ。
あ、ほら。
教会の脇にたんぽぽが咲いてますよ。

こんな日陰にも咲くのね。
あ、そっか。
普段は日が当たってるのかも。

ですねー。
太陽は移動しますから。
地味ですかね、たんぽぽ。

うーん…。
想像していたのと、違うかな。
カサブランカとか、豪華なイメージで。

…そんな花、ここに咲いてるとでも?
それに開花時期は6月から8月です。
今からじゃ手に入らないですよ。

そう。難しいのね。
いい思いつきだったんだけど。
造花のアクセ、友だちに借りようかな。

あ、待ってください。
胸でなくてもいいなら、使えるかも。
花さん、ごめんねー。

え、花を摘んでしまうの?
シロツメクサまで。
ねぇ、何を作るつもりでいるの。

今ねー、ひらめいたんですよ。
ブレスレットならできるかなって。
手首の太さは…うん、これで良さげ。

太さって…失礼ね。
シロツメクサ、そうやって編むの。
たんぽぽがアクセントなのね。

この黄色、緑に映えるでしょう?
きっと周囲に注目されますよ。
動くたびに袖からチラ見えで。

君みたいな親切な人、多いよね。
相談に乗ってくれて、手伝ってくれる。
もう1年、学園に通っちゃおうかな。


 

羽純 羽純   翔愛学園高等部3年生

学園生活○年目の女の子。
今回こそ卒業するぞ、と思ってはいる。

星弥 星弥  翔愛学園高等部2年生

土いじりが好き。
手先が器用で、草花を編んだりするのも得意。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。