アイキャッチ物語 #209「一輪の花に願いをこめて」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

マヤちゃん。
そのドレス、すっごい似合う!
ここにいると、花の妖精みたい。

ちょ、照れるんですけどっ。
由奈こそカワイイよ。
花の草みたいで!

…褒めてるの?
まぁいいや。
マヤちゃん、口下手だもんね。

褒めてるよ!
ほら、草がないと花が咲かないし。
緑が花の色を引き立てるというか。

うんうん。
言いたいことはわかる。
平気、怒ってない。

あーもう。
なんであたし話すの下手かな。
先輩にも誤解されちゃうしさ~。

あ~、あれはね…。
相手は卒業生だから。
先輩くださいって言うと、ボタンくれるよね。

先輩好きですって気持ちこめて告ったのに。
乙女心、察して欲しかったなぁ。
まぁいいや。新学期の出会いに期待する。

そんなマヤちゃんに、いい情報教えちゃう。
ここに願いが叶う花のタネ植えてるんだよ。
他の子にはナイショにしてね。

願いが叶う花?
それ、どこ情報?
そんな花ほんとにあるの。

うん。
知らない人にもらったの。
願いの叶え方も教えてもらったよ。

それ、昨日じゃないよね?
4月1日はエイプリルフールだけど。
そのくらい知ってるよね。

知ってるよー。
先月の話だから、関係ないよ。
マヤちゃんの願い、叶えてみようよ。

由奈が植えたんでしょ?
じゃあ、由奈に権利あるよ。
あたしは自分で叶えるからいらなーい。

私は特に無いんだよ。
ほっとくと枯れちゃう。
だからマヤちゃんに権利ゆずる。

そう?
じゃあ、もらっとこうかな。
願いの叶え方って、どうするの。

えっとね、花占いと手順は同じ。
願いを想像して花びらをちぎるの。
一枚一枚、心を込めて。

ふむふむ。
じゃあ、ハズレもあったりして。
枚数を数えてからやらなきゃ。

結果は関係ないらしいよ。
風に乗った花びらが神様に届くって。
届いた枚数が多い方がいいんだって。

願いを聞き届けてくれるんだ。
じゃあ、口下手の方を直してもらおうかな。
そっちのが便利そう。

マヤちゃん。頭いい。
風が強い場所を探さなくっちゃね。
普通にちぎると、地面に落ちちゃう。

高さも必要じゃないかな。
学園の屋上とか。
肝心の花はどこに植えてるの?

この辺だよ。
誰かに持っていかれると困るから。
花の中に隠してみたの。

この辺?
パッと見、全部同じ種類だけど。
魔法の花ってどんな花?

えっ、知らないよ。
タネから育てたから。
どうしよう、わかんなくなっちゃった。


 

マヤ マヤ   翔愛学園高等部2年生

由奈の親友。
言いたいことがうまく伝えられなくて困っている。

由奈由奈   翔愛学園高等部2年生

花のタネをファームの何処かに埋めた。
ちょっと抜けたところがある。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。