アイキャッチ物語 #213「遅刻常習彼女」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

今、何時だ。10時過ぎか…。
待ち合わせは9時ちょうど。
さて、いつになったら現れるのか。

ごっめーん。
起きれなくて、遅れたー!
さぁ、映画行こっ。

遅いよ。
10時の回、始まってる。
なんで遅刻した?

実はね、夢に君が出てきたの。
あんまり楽しくって時間忘れて。
ご飯おごってもらって、幸せ~。

目覚まし、かけてないの?
毎度、毎度。
よく言い訳思いつくよね。

言い訳じゃないよう。
朝、いきなり買い物頼まれるし。
朝、いきなり自転車壊れるし。

うんうん。
まぁいいや。許す。
次はちゃんと時間通りにね。

やさしー!
持つべきものは、理解ある彼氏だね。
今までの人たち、みんな怒ってたよ。

そりゃ、普通は。
君が早起きが苦手でも、僕はいいよ。
本でも読んで待ってるから。

今日の本、分厚いね。
ふーん、探偵モノ読んでるんだ。
君、推理とか好きなの?

そうだね。推理は好きかな。
次から次へと起きる事件。
想像するとわくわくするね。

面白いんだ~。
じゃあ、読み終わったら貸して。
最初のページに犯人書かないでね。

そんな無粋なマネしないよ。
このシリーズ気に入ったら言って。
家にまだ20冊くらいあるから。

そんなに!?
や、私そんなに活字読まないから。
これ一冊も半年かかるかも…。

さて、どこ行こうか。
まだお昼には早いよね。
買い物でもしようか。

うんうん。
マスコット欲しいな。
カバンのヒヨコ、ボロいから。

それなら、ゲーセン行く?
君、小さいぬいぐるみ好きだよね。
カバンにジャラジャラつけてさ。

モノ付けるの好きだよ~。
カバンって、みんな同じでしょ?
私のやつ!って安心する。

お昼ごはんはどうしよう。
ハンバーガーでいい?
それか、希望があれば。

わーい。おごりだよね。
フレンチにしようよ。
路地裏にあるの!

お、いいねー。
今度は君のおごりだよね?
僕は夢の中でおごったよ。


 

真紀 真紀   翔愛学園高等部2年生

早起きできない。デートの日も平気で遅刻する。
心の広い彼氏を持ったことに感謝している。

友和 友和   翔愛学園高等部2年生

推理小説を読むのが好き。
彼女の言い訳を聞くのが楽しみ。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。