アイキャッチ物語 #243「お揃いの腹掛は、仲間の証」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

美砂、炊き出しおつかれ!
食べたら、疲れも消えたよ。
夏だけど、熱々の味噌汁もいいもんだ。

体を冷やすと、余計に疲れるんだって。
炊き出しチームの人が言ってた。
大量に大根切るの、意外と大変だね。

神輿も大変だったよ。
曲がり角なんて、息が合ってないと。
青年団のみんなに感謝だぜ。

ねー、みんなすごいよね。
分担して、ちゃちゃっと用意して。
かっこよかったなぁ。

青年団、また参加したいな。
連帯感が楽しかった!
この腹掛、記念にとっておこう。

お揃いのチーム衣装っていいよね。
赤ちゃんも、これ着てたよ。
炊き出し班のお母さんに背負われてた。

炊き出しと言えば、塩おにぎり美味かったよ。
塩気がちょうど良くて。
みんなもバクバク食べてた。

そう?私は辛いかなって思ってた。
あんまり動いてないから、そう感じたのかな。
ほら、テントの中にいたからね。

さーて、これからデートしよう。
俺たち、まだ全然遊んでない。
どんな店があるかも把握してないよ。

説明会とか、準備とか。
あっという間の10日間だったね。
じゃ、早く屋台を見に行こうよ。

ちょい待ち。着信だ。
これから青年団で宴会だってよ。
屋台は明日にするか?

そうだね、参加させてもらおう。
受け入れられてるって、有り難いよ。
明日も鳥居の下で待ってるね。


 

美砂 美砂  翔愛学園高等部3年生

青年団の一日体験に、真と共に参加。
担当は、炊き出し班。

 

真 真  翔愛学園高等部3年生

美砂の友だち。
お神輿を担ぎたくて参加した。

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。