アイキャッチ物語 #35「ライブハウスと小さな反抗心」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

 

 

克哉、ほんとにライブハウスついてくるの?

晴泉のお母さんに頼まれたから、ついていくよ。こうやってTPOに合わせた服も用意した。

今までだって無事に帰ってたのに、ママの心配性。

僕が居るからには、晴泉に手を出す不良どもは蹴散らしてやる。

あのね、不良のたまり場じゃないんだから。

以前メガネ折られて帰ってきたことあったじゃないか。乱闘騒ぎに巻き込まれたりするんだろう。

違う違う。あれは音楽に合わせて縦ノリしてたら、メガネが飛んでっちゃただけ。

ほんとに?誰かかばってない?

無い無い!あぁもう、うるさいなぁ!あんたは私のママ!?

晴泉って、実は大人が嫌い?

なんで。

こういう格好で、ロック聴きに行くからさ。学校じゃ大人しくて教師にも評判いいのにさ。

学校は学校。今は放課後、趣味の時間に何をやろうと自由でしょう。ねぇ、嫌いならついてこないで。

僕だってライブハウスやロックがどんなものか興味あるよ。

わかった。じゃ、連れてってあげる。気がすすまないなら、帰ってもいいけどね。

僕は晴泉のボディガードだ。屈強な男どもが襲ってきても君を守る!

克哉の脳内じゃライブハウスって世紀末感ただよう無法地帯ぽいね。

だって服がビリビリじゃないか。靴も鋲ついてて攻撃力高そうだし。

そりゃ、そういうデザインだから。

そういえば晴泉、メガネは?いつもの黒縁。

間に合わせに買ったダサいメガネしていくわけないでしょ。ライブ用のソフトコンタクトよ。

まぁ落とすと危険だよな。

そうそう。それにメガネで顔を隠したらせっかくの美人が台無し。

夕焼けきれいだなー。

ちょ、スルーすんな。

晴泉は学校とキャラ全然違うよな。そんな男みたいな言葉、使わないだろ。

使うわけないじゃない。だって、優等生タイプだもん。

だから、それが僕にはわかんないんだよ。普段は猫かぶって無理してんの?

してないって。小さな反抗心は持ってるけど、無理にキャラ作ってない。

小さな反抗心?

誰にだってあるでしょ。ほんとの私はもっと人気者になってるはず!みたいな野心?

ライブハウスは野心を満足させてくれる?

理屈でごちゃごちゃ言う人は嫌い。ニュアンスというか、フィーリングで感じ取ってよ。

そう言われても…。

私、やる気だけは満タンなの。でも、どこ向かって発散すればいいかわかんない。いつも爆発寸前。

ほう。

色んな発散方法あるだろうけど、ステージ見ながら踊ってはしゃぐとスカッとするの。

だからライブハウスに行くと。大人が嫌いとか抜きで。

そうだよ。最初からそう言ってんじゃない。克哉しつこい。

だって、晴泉のお母さんが思春期の娘に嫌われたかもって落ち込んでたよ。

はぁ?もう、ママの心配性!

泣きそうな顔で頼まれたら、こりゃひと肌脱いであげないといけないな、と思うじゃないか。

克哉、ひとついいこと教えてあげる。私ね、体型はパパの家系に近いんだ。

と言うと?

ママに気に入られて私と結婚しても、ママみたいに豊満なナイスバディにはなりませーん。

ぶっ。そ、そんな下心で協力してないぞ。心外だ!!

どーだか。…自分で言ってて悲しくなってきた。あー、夕焼けが目に染みる。

なんだかお互い心に傷を負ったようだし、今夜のライブで盛りあがるか。

そうだね。ところで克哉、ほんとはライブ楽しみにしてたでしょう。

どうして?

いつも制服のネクタイ緩めてるくせに、チョーカーつけてるから。実はノリノリだな。

僕は頼まれたから、協力してるわけであって、楽しみだなんて誤解だ。

ママにはイヤイヤ付き合ってくれた親切な克哉ってことにしておいてあげる。さぁ!へとへとになるまで踊るぞー!


晴泉

晴泉  翔愛学園高等部2年生

普段はクラスでもあんまり目立つ方じゃない。
黒いフレームのメガネをかけてるせいか、優等生のイメージを周囲に持たれてる。
実は、ロック好きでライブハウスによく通っている。それが彼女の母には心配の種。

 克哉

克哉 翔愛学園高等部2年生

晴泉とは家が近所で、いわゆる幼なじみ。
帰りが遅いと心配する晴泉の母に頼まれて、ライブハウスに同行することに。
晴泉の母にほのかなあこがれの気持ちがある様子。

 

 

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)
背景:ゴルさん(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。