アイキャッチ物語 #74「高原さん、結婚するの?じゃあ、私も学生結婚しようかな♪」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。

 

篤士、高原さんが退職するって知ってた?

うん。部の後輩から聞いた。

結婚かな?花嫁姿の高原さんを目撃したって人がいたし。

お姉さんもいい人に出会えて良かったね。

それだけ?篤士、お姉さんのファンだったでしょう。

だからだよ。好きな人が幸せになれば俺も嬉しい。

俺が幸せにしてやる!とか思わんの?

与えられて喜んでばかりの俺じゃ、無理だよ。

ほう…篤士って大人びた恋愛観持ってるんだ。

前に読んだ本の受け売り。好実は結婚に反対なわけ?

ううん。結婚は女の子の永遠の憧れだもん。大賛成!…でも。

でも?なに。

お姉さんばっかりずーるーいー!

は?

私だって綺麗なお嫁さんの姿で結婚式やりたい!

ああ、うらやましいと。好実はお子様だなぁ。

ね!篤士、私と結婚しよ?

おいおい。俺らバレンタインの日に付き合いだしたばっかりだろ…。

一年ずっと同じクラスで仲良くしてたじゃない。結婚してもいい頃?

ないない。それまでただのクラスメイト、それだけだった。

来月にはふたりとも翔愛学園を卒業じゃない。ね、記念にひとつ。

観光地のお土産屋みたいな言い方すんな。結婚ってそんなに軽いもんか?

だって、学生結婚に憧れてたんだもん。フリだけでいいから、ね?

フリって言っても、服が無いから却下。はい残念でした。

ショッピングモールに、ウェディングドレスとタキシードが入荷したんだよ。

なんでこの時期に…。

卒業を前に結婚式やりたい人が他にもいるんだね♪私たちも買いに行こうよ。

やだよ。来週からは期末試験も控えてるし、お互い忙しい身じゃないか。

じゃあ、忙しくなる前に式を挙げようよ。今から抽選に行こ♪

ああ、抽選式か。俺、くじ運めちゃくちゃ悪いから★5なんてまず無理。

私、今年に入ってからくじ運いいから、出してあげるよ。

げ。じゃあ、代表して俺が行ってくる!

えー?ふたりのことなんだから、一緒に行こうよ。

いや、好実は教会で先に待ってろ。

そう?じゃあ控室でメイクして待ってる。絶対、教会に来てね。

おう!待ってろよ。…ドレスが出なきゃ式はできない。ひゃっほう♪

…遅いなぁ。篤士、そろそろ戻ってきてもいい頃なのになぁ…。

遅くなって悪い。店で後輩たちに会って、お祝いしたいってついてきた。

わぁ。大歓迎!みんな入って~!それで、私たちの衣装はどうなったの?

ドレスとタキシード、フルコンプリート。好きな色を選んでくれ。

すっごぉい!?くじ運が悪いって言ってたのに、不思議な力に目覚めたの?

いや…結婚のお祝いにって、後輩たちが当ててくれた。

みんなありがとう!すごく嬉しい!

あそこで連中に出会った俺の運の悪さ、神がかってんな…。

篤士は白でぇ私はピンク♪早く着替えてこようね。

後輩たちは純粋にがんばってくれたんだ。観念するか…。

さぁて、着替えてきたよ~。篤士の後輩くんたち、おまたせ~。

好実、似合うじゃないか。

篤士こそ、カワイイよ♪

か、カワイイ…?

さて、これから好実と篤士の結婚式を執り行います♪と、本当なら誰か言う。

本物の結婚式なら立会人が必要だろうけど、フリだしな。

ね。結婚式の最後はキスしよっか。きっと盛り上がるよ♪

 


好実

好実 翔愛学園高等部3年生

同じクラスの篤士とバレンタインの日から付き合いはじめる。
天使像前のお姉さん、高原さんが結婚すると聞いて…。

篤士

篤士 翔愛学園高等部3年生

ちょっと強引なクラスメイト、好実に告白されて付き合いはじめる。
高原さんのファンで、彼女の結婚を祝福している。

 

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。