翔愛学園では臨海学校が始まりました

翔愛学園では、授業が夏休みとなり、臨海学校が始まりました。

少し前から林間学校が始まっており、林間・臨海の同時参加が可能です。

臨海学校に初めて参加する方は、ログイン場所がいきなり海の家になるので、びっくりするかもしれませんね。

チュートリアルがまだの方は、今まで通り学園の天使像前からスタートになりますので、早く終わらせてぜひ合流して下さい。

翔栄町の海は、学園を出てすぐ近くにありますので、見慣れた場所かもしれませんが、クラスによって部屋割りされた海の家が宿泊場所として開放されますので、ちょっとした旅行気分が楽しめます。

教室の授業はお休みですが、海岸の岩場で水着姿の先生たちによる特別授業が受けられますよ。

 

私の学生時代を振り返ると、林間学校は経験あるのですが、臨海学校は経験ないんです。なので、臨海学校の企画は、アニメやコミックスや小説などからの疑似記憶を元に作りました。

リアルな臨海学校って、どんなものなんでしょうね(笑)

 

折角なので、開発の裏側について少しお話ししましょう。メタな話をあまり聞きたくない人は、ここから先は読まないでください(笑)

4月以降、少しずつ着手しているのですが、何人かの先生が着替え対応のアバター化されています。作業の優先順位はあまり高くしていないので、徐々に置き換わる予定です。

スタート時、アバター(生徒)と、NPC(先生)の区別がつきやすいように、NPCは全く異なる素体を使っていました。

それはそれでアリなのですが、やはり365日同じ服というのもリアリティが無いですよね。というわけで、シーズン2の段階で、全生徒会メンバーのアバター化を行いました。

先生方は大人でもあるし優先順位は低かったのですが、2.5次元プロジェクトにより大人アバターも徐々に増え始めたこともあり、最終的にアバター化することになっています。

夏の間は、先生方も水着や浴衣など着替えることが多くなる季節ですね。

少しピッチを上げて、作業を進めようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。