アイキャッチ物語 #4「夏、到来。理想に近づきたくて」

いつもかわいいと好評頂いているアイキャッチ。ビジネスアカウントのメンバーに頼んで、ストーリーをつけてもらいました。


「拓真、どうしたの。その頭。おさるさん?」

「いやぁ~夏だし、暑いし、短くしようかと」

「じゃあ、なんでもみあげ残してるの」

「え?かっこ良くね?この夏は『もみあげ男子』がトレンド入りすると確信してるけど」

「なんでも男子つけりゃいいってもんじゃないでしょう」

「五十鈴はいいよなー。長い髪を上にまとめりゃ涼しそうだ」

「あら、気づいてくれた?ちょっと意外かも」

「さすがの俺でも髪をくくってるかどうかくらいはわかるぜ」

「あはは。男子ってそういうとこ見てないってよく聞くじゃん」

「なにおう。観察眼は人並みにあるぞ」

「これから浴衣に着替えておでかけするんだよね。それでセットしてもらったの」

「髪をあげると大人っぽいというか色っぽいというか」

「どきっとする?」

「無理無理。だって五十鈴が鼻たれの頃から知ってるもんな」

「中学生の頃には鼻たらしてなかったよ!…って、そうじゃなくて!」

「怒るな。どうどう。俺はこれからバイトなんだよね」

「うわ~大変。頑張ってね。…って、私は馬か!」

「おう。そっちもたくさん楽しんでこいよ!」

「…ちょっと、そのもみあげ触っても良い?」

「なんでだ。金とるぞ」

「だってたわしみたいで触り心地良さそうだもん」

「人の頭つかまえて何を言うか。実はこの髪型にした深い理由があるんだよ」

「深い理由?まさか、拓真ったら彼女でも作る気!?」

「はぁ?なんでそうなる」

「高校の夏だし、大人っぽく青春を送りたいもん。わかるわ~」

「わかってねーだろ。勝手に話すすめんな。俺が敬愛するサッカー選手がな、昨日のテレビでこの髪型にしてたんだ」

「あ~。私も見たよ。理想に近づきたかったわけね」

「そそ。俺、形から入るタイプだから」

「サッカーの技術も近づくといいよね。万年補欠じゃ切なすぎるわ」

「おう!この夏はバリバリ練習して二学期の試合に備えるぞ!」

「えらいっ!熱中症にならないように飲み物を差し入れしてあげるね」

「サンキュ。でも大人っぽく青春を満喫するので忙しいんだろ」

「額に汗してがんばる友を見守る青春もいいじゃない」

「真っ黒に日焼けするぞ」

「そっか。陽に当たらないように長袖を着て行くね」

「見た目が涼しい格好で頼む」

文章:望月明音(ビジネスアカウント)

五十鈴
五十鈴 翔愛学園高等部3年生
拓真とは中等部からの友だち。
年齢の割に子どもっぽく見られるのが悩み。
 拓真
拓真  翔愛学園高等部2年生
サッカー部に所属しているけど試合に出たことはない。
五十鈴は先輩だけど、中等部からのよしみでタメ口。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。