【カレッジ】スクリプトゼミ #4「ノベルモード」

アドベンチャーゲームが好きなのか、ビジュアルノベルが好きなのか、作り手によって好みが別れるところだと思います。

一般に、アドベンチャーゲームは主人公の一人称、つまりプレイヤー視点の物語となっており、セリフ以外の部分は主人公の独り言、もしくは心の声として書かれます。
ビジュアルノベル形式の場合は三人称、つまり神視点での書き方ができますので、時間や空間の制限を受けにくく、会話以外の説明箇所を地の文として入れ込むことができます。
視点や表現がいろいろ混ざったものは、一般的にはあまり良くないこととされますが、プロを目指すのでないなら、まずはいろいろ書いてみて、テクニックは後から身につければ良いでしょう。
小説の書き方やシナリオの書き方は、ここでは講義しませんのでミソラレミ教授あたりに聞いてみるといいかもしれませんね(笑)

【4-1】ノベルモード

キャラフレのスクリプトで地の文が多いビジュアルノベル形式のコンテンツを作る時は、ノベルモードを使うと楽に記述できます。ノベルモードにすると画面が半透明で暗くなり、Message文によるテキスト表示がキャラや背景/前景が表示される上画面に重なります。

novel1

ノベルモードを使うには、以下のコマンドを用います。

コマンド
Novel.start
//ノベルモードを開始します。
Novel.end
//ノベルモードを終了します。

記述例
Novel.start
Message:
旧校舎の中はどこかひんやりしていた…
Message:
静まり返った屋内は、
自分たちの足音や服の布ずれの音がひどく大きく聞こえた
Novel.end

 

Novel.startコマンドでノベルモードになると、Novel.endコマンドで終了するまで、Messageやセリフが上の画面に表示されます。
地の文は上画面に表示したいけど、セリフはセリフ枠に表示させたいという場合は、Nove.startとNovel.endを繰り返し使用してください。
あまり頻繁に切り替えると演出がうるさいと感じる場合があります。
そんな時は、シーンが切り替わって最初の説明にノベルモードを使用し、そのシーン中はセリフと心の声のみで進行、シーン終了時の補足説明にノベルモードを使用し、次のシーンへ切り替える、のような進行パターンがオススメです。

【4-2】ノベルモード中の一枚絵表示とwaitコマンド

ノベルモード中のEVコマンドやBGコマンドは、Novel.endコマンドを使わなくとも一旦黒の半透明が解除され、一枚絵がしっかり表示されるようになっています。ただ、表示時間が短いと感じた場合は、waitコマンドで調整することができます。

コマンド
wait:s
//s=待機ミリ秒数

記述例
BG:S10-003Pa
Novel.start

Message:
旧校舎の中はどこかひんやりしていた…

BG:S10-004Pa
wait:300

Message:
静まり返った屋内は、
自分たちの足音や服の布ずれの音がひどく大きく聞こえた

Novel.end

waitコマンドはノベルモード関係なく、どこでも使うことができるコマンドです。ただ、使いすぎるとプレイヤーが待たされることでストレスになる場合がありますので乱用は避け、必要な場面のみで使用するようにしてください。

【4-3】Novel.clearコマンド

上記の例では、途中で一枚絵(背景)を表示したあと、自動的にノベルモードに復帰すると説明しました。
その際、直前の文章「旧校舎の中はどこかひんやりしていた…」が出てきてしまうことに、違和感を感じる場合もあるでしょう。

直前のノベル表示をクリアするには、Novel.clearコマンドを使います。

コマンド
Novel.clear
//引数はありません

記述例
BG:S10-003Pa
Novel.start

Message:
旧校舎の中はどこかひんやりしていた…

Novel.clear

BG:S10-004Pa
wait:300

Message:
静まり返った屋内は、
自分たちの足音や服の布ずれの音がひどく大きく聞こえた

Novel.end

次回は、いよいよキャラクターについて解説する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。