カレッジに単位制が導入されます

このブログでもカレッジのテコ入れについて何度か触れましたが、その一環として「単位制」が導入されます。

カレッジの単位は、カレッジ生のみ、学生証のパラメータ欄に表示されます。

取得条件等の詳細は、まだ決定していませんが、クエストや授業などの自動的なものではない予定です。おそらく、各教授による出される課題を提出して、合格の評価を受けることで単位を取得していく形になると思います。課題の内容も、クイズ形式のようなものではなく、論述形式を想定しています。難易度に応じて、いくつかの課題を用意する予定ですが、上位の課題の難易度は、かなり高いものとなるでしょう。

課題については、9月の新学期頃を目処に、サワグチ教授による音楽の講義からスタート予定です。私自身も、何らかの講座を持とうと考えています。

サワグチ教授のゼミは、公開方式でカレッジ生徒以外も聴講できる予定です。(単位の取得はカレッジ生のみになります)

夏宮教授やミソラ教授なども、その後に続いてくれることでしょう。

何個くらいの単位が用意できるのか、また何個単位を集めれば卒業資格がもらえるのか、その辺りもおいおい決めていくことになると思います。

仮想学園の中でありながら、各分野の専門家による指導が受けられる、翔愛学園カレッジコースについて、今後にご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。