『座右の銘は「今この瞬間を生きる」』ツイッターCEOのインタビュー記事

あまりネットメディアに顔を出す印象のない、ツイッターCEOのインタービュー記事が良かったです。

ツイッターCEOが語る「批判を受け流す方法」と「己の哲学」

私は自分が今やっていることに集中している。自分に与えられた人生を生きる。生まれ育ったデトロイトでそう学んだ。今この瞬間を生きて、過去に縛られすぎず、2年後の自分がどうなっているかはあまり考えない。そういう生き方を心から支持している。

非常に肩の力が抜けた、いいインタビュー記事です。

人生とは、今を生きること」「批判を受け流すこと」そして、「過去に縛られないこと」は、ぜひ皆さんにも覚えておいてほしい言葉ですね。

大学卒業後8年間、即興劇の役者をしていたというのもおもしろい。

そして、最後の言葉がまた素晴らしいです。

世の中に出てみると、期待など存在しない。人生があるだけだ。人生とは、常に期待に応え、超えることではない。今を生きることなのだ。自分自身のために、友人たちのために生きることだ。そうすれば、いい人生になるだろう。

学生時代は競争して勝つことに価値観を見出しがちですが、社会に出ると成功しても、というよりむしろすればするほど多くの批判に晒されるのでしょう。賞賛や批判に一喜一憂せず、「自分のため、友人のために今を生きる」と、さらりと言う自然体なところを、ぜひ学びたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。