音楽と向き合ってみる[9]:Currish「Spicy Summer」を聴く

サワグチ教授から緊急告知の依頼を受けまして、急遽「Spicy Summer」のレビューを書くことにしました。告知に関しては、このページの最後をご覧ください。

「Spicy Summer」 / Currish

作詞:ホリイ モマ
作曲:サワグチカズヒコ
編曲:サワグチカズヒコ

この曲を聞けば、修学旅行の沖縄の海を思いだす人も多いと思います。
Currishの夏曲として制作された曲ですが、この頃からサワグチ教授の神掛かった作品ラッシュが始まったような気がします。
また、作詞のホリイ モマ氏の世界観は、冬曲の「雪色マスカレード」へと繋がり、Currish独自のアイドル表現を垣間見せてくれます。

まずイントロに期待感を煽られます。今か今かと待ちきれないところにサビからスタート。いきなり高揚感MAXです。

Aメロは、わおん(CV:碧さん)→あみ(CV:綾野はるさん)→なな(CV:深憂さん)のソロパートのあと、3人の合唱でBメロへと続きます。
印象的なのは、サビの後に続く深憂さんのファルセット、そしてサワグチ教授得意のピアノソロと、聴いてる方が楽しいのはもちろんのこと、作っている側の楽しんでる様子が目に浮かぶようです。

深く考えずに3人の魅力を思う存分堪能すればいい、そんな曲でした!

いますぐ「Spicy Summer」を聴きたくなった人はこちらから↓

 

 

さて、告知です。
この「Spicy Summer」が生で聴けるチャンス!

7月10日に、静岡県伊東市でCurrishのリアルライブが決定しました。

日時:7月10日(日)15時〜
場所:伊東マリンタウン海側マリにゃんステージ

「カリッシュ SPICY SUMMER LIVE !!」と題して、先日メンバーを発表したばかり、新生Currishの初ライブです!

伊東まで行ける距離の方、時間が許せばぜひマリにゃんステージへお越しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。