自己紹介

AV-000075289_07-IF

「キャラフレ」の運営会社、株式会社エイプリル・データ・デザインズの創業者です。エイプリルという社名の由来は、私が4月生まれだから(笑)。アメリカでは女の子につける名前で、ちょっとかわいい(←これ重要)でしょ?続くワードの由来は、会社の公式ページに書いてありますので、興味のある方はあとで見てみて下さい。

出身地は大阪ということにします。実は中学にはいるまでに7回くらい引っ越ししていて、岡山や愛媛にいたこともありました。

多趣味です。そしてもうすぐ47歳になるオタクです。具体的な趣味・嗜好については、今後触れていく機会もあると思います。

今回のブログ立ち上げにあたり、今に至る経緯を振り返ってみました。

私は、仮想と現実にとても興味がありました。近代教育は全ての子供が均等に育つことを目的としていながら、全ての子供が幸せな思春期を過ごせるとは限りません。むしろ、何らかの悩み・苦しみを抱えたまま、充分に輝くことができずに大人になってしまう子供が多いことと思います。
しかし、辛い想い出も過ぎ去ってしまえば記憶でしかありません。新しい記憶を詰め込むことで、過去の記憶を薄めることも可能です。そして、過去を薄める楽しい記憶は仮想的な体験でも得られます。

つまり、仮想世界で楽しい想い出をたくさん作れば、現実の自分が救われることもあるんじゃないかと思うわけです。

理想は、映画「トータル・リコール」の世界のように、脳に記憶を直接流し込むことですが、実は漫画やアニメでも楽しい記憶を疑似体験することができます。でも、より自分の体験に近い記憶を手にする方法として、ゲームが最も適しているのではないか、そう思ったことが、私がゲーム開発という仕事を選んだ理由です。

今の私は「何でも屋」です。企画書も作るし、設計もするし、シナリオも書いたり、グラフィックに手を出すこともあります。マーケティングの勉強もしたし、プロモーションの勉強もしました。心理学の本と社会学の本を読み漁り、より良いコミュニティの在り方について考える毎日です。

「キャラフレ」がスタートして、早5年。幸いにも私の理想は半分実現できたように思います。もう半分は、皆さんがたくさんの仲間を作ることで、実現します。輝かしい思春期の想い出を重ねる仮想学園生活を一緒にしていきませんか?

自己紹介” に対する意見

  1. ピンバック: トータルリコールって映画について教えてください | 2.5次元ではたらく社長 濱田功志 のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。