BG:コマンドは自作画像およびBGカメラのみで使用してください

スクリプトで背景を表示するためのBG:コマンドというものがあります。
構文が簡単なので、たくさん使用されていると思います。

今までは、キャラフレの背景は600×340 pixelにほぼ固定でした。(実際はそれ以外のサイズもあるのですが、使用しておりませんでした)

現在は、修学旅行や桧原村、下北沢などでいろいろなサイズの背景が使用されており、それらの背景はBG:コマンドで直接表示することはできません。

そのためキャラフレで表示されている背景のファイル名のみを調べて、BG:コマンドで直接画像ファイルを表示することができないケースが出てきますので、スクリプトを書く方はご注意をお願い致します。

BGカメラを使用して取得した背景は問題ありませんので、その方法を推奨とさせて頂きます。
もしくは、自作した600×340pixelの画像を編集室からアップロードする場合も問題ありません。

念のためですが、修学旅行イベントの画像は、修学旅行(および卒業旅行)期間限定という条件で許諾を得ていますので、自作のスクリプトでは使用しないようにお願いします。
例外として、カメラで撮影したアバターも写った画像を、あくまで修学旅行当時の出来事の思い出として回想シーンなどで表現する場合は、問題ないと考えています。

また、下北沢や桧原村などは期間限定ではありませんので、それほど厳しくはありませんが、判断がグレーの場合は生徒会にお尋ねください。(同好会製作物の質問は特別枠通過後にお願いします)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。