朝日新聞の報道「スマホやめるか、大学やめるか」について、信州大学学長の真意はどこにあるのか

4月5日の朝日新聞による報道”「スマホやめますか、それとも大学生やめますか」 信州大学長、入学式で迫る“は、ヤフーニュースでも配信され、大きな話題になりました。
まずは、挑発的なタイトルが目をひきます。しかし、メディアは多くの人に読まれたいわけですから、必要以上に煽るタイトルがつけられがちです。信州大学の山沢清人学長に、二者択一を迫る意図があったかなような先入観をもつべきではありません。

続きを読む →

2015年度新学期・情報化村社会に生きるキャラフレユーザーの皆さんへ

2015年になり、スマートフォンもますます普及してきました。いつでも、どこでも繋がっている社会がいよいよ訪れたと言えるでしょう。
日本は戦前までの「村社会」文化から、高度成長期の「都市社会」文化へと移り変わってきました。「村社会」では、小さなコミュニティの中で、人々が助け合い、共同生活を営んでいました。独りぼっちでは、食べ物の確保すら難しかったのです。もし、私欲に走ったりモラルに反する行動をとって村を追われたりすると、生きていくことができない時代でした。
近代化により「都市社会」が生まれると、人は一人で生きていくことが可能になりました。村を出て都市に移り住んだ人々は、お金を稼いで食料を買うことで、助け合う必要すらなくなります。そのことを自由と考えた人々は次々と村を出て、一気に都市化が進みました。
しかし、ネットの普及により、都市の人々は急激につながりを求めはじめます。しかも、数十人単位で家族のように固まっていたかつての村社会と異なり、日本中・世界中という規模で、つながりが張りめぐらされようとしています。
明らかに「都市社会」と異なる文化を形成しつつあり、新しい「情報化村社会」の到来と呼んでもいいでしょう。

続きを読む →

キャラフレのオリジナルコンテンツ「ゲームチャット」の生い立ち

キャラフレは、オンラインゲームの世界で2Dアドベンチャーゲーム(以下ADV)を展開したいという発想から生まれました。スマートフォンが充分に普及する前の頃でしたが、ガラケーにはページめくりのアドベンチャーゲームは存在していました。でも、オンラインゲームを謳うには、オンラインで配信するだけでは面白くありませんし、何より長期間遊んでもらえるものになりません。なので、最初からマルチユーザーでプレイできるものを目指し、アバター、マップ移動、クエスト、といった要素を企画に盛り込んでいきました。

そのような構想の中で、ADVの最も純粋な要素「選択肢を選んで会話を進める」という部分に絞って、ネット越しの相手と一緒に遊べるものを作ろうとしたのが「ゲームチャット」です。

続きを読む →

2.5次元プロジェクトで今後デビューするアイドルは?

おはようございます。翔栄町にもいよいよ桜前線がやってきました。

本日は、キャラフレのユーザーさんから届いた質問や相談にお答えしてみたいと思います。

PN:スピードスター
キャラフレでは2.5次元のプロジェクトが盛んですが、今後もデビューするアイドルなどは増えていくのでしょうか?
また他の企業とのコラボ等もされてますが今後もやっていくのでしょうか?

続きを読む →

翔愛学園カレッジコースのご紹介

学園生活コミュニティ「キャラフレ」は、「翔愛学園」の生徒となって学園生活を楽しむオンラインゲームです。

そして、活動の中心となる「翔愛学園」は高等部、つまり高校生活を舞台としているわけです。

2010年に新設され、1年生を迎え入れた翔愛学園ですが、3年経った時点で卒業生を輩出することになりました。その時に卒業生の進路の一つとして、カレッジコースが作られています。

続きを読む →